美容皮膚科の施術法

美容皮膚科での施術は、肌の症状や個人の希望、病院ごとによっても異なりますが、主にこのような方法で施術を行うことが多いようです。

まずは、患者さん全員に対して、どんな症状に悩まされているのか、肌質はどのような物かなど、肌に対しての診察を行っていきます。実際に話を聞いて、肌質をチェックし、患者さんの肌トラブルの根本原因を探っていくのです。

根本原因を探ったら次に、治療を行っていきます。たとえば、ニキビや吹き出物など、場合によってはその場で潰してしまう処置を行い、殺菌消毒をしてしまうという治療を行うお医者様も多いようです。自分で潰すのとは違い、跡が残らないように、再発しないようにニキビを潰す処理をしてくれるでしょう。

最後に、今後のケア方法や、薬が必要な場合は薬を処方されます。たとえば、しみやそばかす等の治療に訪れた方等に対しては、ビタミン剤などを利用して、まずは様子を見る所から始めることが多いようです。

このように、診察→治療→薬の順番で主に美容皮膚科では診断が行われていき、医師の指示に従って、今後のケアをしていくようになります。薬などが処方されない場合もありますが、その場合も医師の指示に従って、自分で出来るケアを行っていきましょう。